Photo Gallery

前回同様、テストを兼ねた記事投稿ですm(_ _)m

神奈川の江ノ電と京都の嵐電が姉妹提携を結ぶ運びとなったのは前回書きましたが、その後興味深い記事を見つけました。

これによると、「・・・江ノ島電鉄1000形を嵐電カラーにした“嵐電号”・・・を運行」とあります。
この記事が正しいとすると、現在運行中の1000形の中から1編成選ばれることとなりますね。

現在、運行中の江ノ電1000形は6編成。
その中で1101Fの「SKIPⅢ号」(来年春まで運転予定?)と、1501Fの「サンライン号」(再来年の夏まで運転予定)は既に塗装変更済みなので、除外すると4編成。

順に見て行きますと、まず江ノ電1000形トップナンバーの1001F。
江ノ電1001F
2007年頃に初代「SKIP号」から、この塗装に塗り替えられています。
塗装経年は2年ほどです。(2009年8月極楽寺検車区にて撮影)

第2編成の1002F。
江ノ電1002F
2004年に「江ノ電新塗装」と呼ばれる塗装のトップバッターとして登場。
同時に更新工事を受けた車両でもあります。
1001Fと比べると塗装変更からだいぶ時間が経過ている為、だいぶ色褪せています。
(2009年8月極楽寺検車区にて撮影)

残りの2編成は1201F(右)と1502F(左)です。
1201Fと1502F
1201Fも塗り替えられて2年ぐらい経過しています。
今年の夏は「江ノ電プラレール号」のヘッドマークをつけました。
夏休みいっぱいの予定でしたがが、(詳細はこちら)今もなおヘッドマークは取り付けられたままです。
ちなみに1201Fはアンテナの台座まで緑に塗られています。

隣の1502Fは今年のGWまで「SKIPⅡ号」でしたが、今ではこの塗装です。
塗り替えられてまだ半年程度なので、他の車両と比べても車体が綺麗です。
(2009年8月 峰ヶ原信号所で撮影)


てな訳で、「嵐電号」になりそうな4編成です。

ここで大胆予想!(ぉぃ)

検査周期や状態を考えると・・・・・

<本命>1002F
<対抗>1001F
<大穴>1201F

と予想してみます!


まぁ・・・あくまで予想です。ハズレても責任取りませんのであしからず(笑)



(追記)その後、どうなったのかは、コチラコチラで、どうぞ♪
スポンサーサイト
投稿テストですよー。グダグダ書いてみます。

腰越みなとまつり


腰越みなとまつりは結局行けずじまい・・・トホホ。
別件があったので、そちらを優先してしまった(汗)
以前、ここで食べたイカの丸焼は絶品だったですよ。残念。

ところで・・・。
江ノ電が京都の嵐電と姉妹提携

だそうですよ。
嵐電(京福電鉄)からの提携希望を江ノ電側が受諾した形のようです。
「それぞれの会社の塗装の電車を、1本づつ整備して走らせる」とも。

ということは、今いる江ノ電の電車の中から1本塗装変更されるってことですね。
可能性があるのは、2003F(広告電車が変更になった)、1002F(一番汚れている)かも?
21Fも検査期限が近づいてきて来ますけど、今まで塗装変更されていないのでイメージが湧きません。
無難なところでは1002Fあたりでしょうか?

(それより****Fが塗装変更される噂はどーなったんだ)

WHAT'S NEW?