スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わる『稲村ヶ崎駅』その2

 17, 2015 21:30
改良工事が始まった稲村ヶ崎駅の続きです。
(前回はコチラ

掲示してあった完成予定図面がこちら。
201508020005311c9_201508171303455a9.jpg
上が平面図、下が断面図です。
IMG_2822 (2)

これを見ると、大まかな工事の項目は、主に3つ。

・バリアフリーのスロープの設置と階段の移設
・スロープ部分を確保するために、鎌倉方へホームを延伸
・ホームおよび屋根の改築


また新しいホーム屋根は木材を使用するとのこと。

「ふーん、簡単に出来そうだねー」という方が大半だと思います・・・
しかし・・・

IMG_2856 (5)
ホーム延伸予定図を見ると、結構大変な工事だったりします。

上記のCGから見ると、

・ホームを延伸する空間を作るために、設備を移設・撤去
・設備撤去した空間にホームを追設
・ホームを改築するための基礎の改良


特にホームの改良工事は「杭打ち」基礎であることが分かります。
おそらく海沿いの軟弱な地盤のため、耐震性を持たせるためにこうなった、と推測。
杭打ち基礎に屋根の支柱を直結する構造のようです。

(杭打ちというのは大まかに言うと、縦穴を地中深く掘り、鉄筋を押し込み、コンクリートで充填・・・)
(要はお金と手間がかかる、という事(;^_^A)


さて、改良工事が始まる前のホームはこのような感じでした。(2010年撮影)
IMG_7827 (2)
この写真には映ってないですが、この左端に出発信号機がありました。

そして、今回、ホームが延長された後がこちら。
IMG_3592 (2)
出発信号機のギリギリのところまでホームが延長。
延ばした部分も幅が狭いので、ホームの鎌倉行き側には転落防止柵が設置されました。
IMG_2825 (2)
ホームから延長された部分を見たところ。
(アスファルトの色が濃い部分が延長箇所)
無理矢理苦心の末、ホームを延長したのがよく分かります。

これに伴い、7月下旬より列車の停止位置が変更になりました。
IMG_).jpg
鎌倉行きの列車停止位置目標。
黄色い丸の部分が以前の場所で、5mほど移動しました。
同時にATSの地上子も移動しています。
また上りホーム側の信号機の名称も変更されました(43R→44R)

簡単そうに見えますが、結構大変な工事です。

これで、まだまだ準備段階です。

また随時アップしたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
関連記事
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。