スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男たちの闘い

 20, 2014 23:16
IMG_4982 (2)

「せーの、せい!」

ガリッッッ、ガシャーン・・・

―  威勢の良い掛け声とともに、槌音が響き渡る  ―

作業は次の電車が来るまでの『たった5分間』。
手際良く慎重な作業が、力強く進められます。

江ノ島電鉄 極楽寺駅にて

***************************************************

今年の10月、極楽寺駅構内において線路工事が行われました。

内容は「枕木と道床の交換」です。

枕木はみなさんお分りだと思います。
(レールを敷いている木材のこと)

道床(どうしょう)とは、枕木とレールの間に敷かれている砕石のこと。
(砕石のことを「バラスト」とも呼びます)

枕木は年月が経つと割れたり腐ったりするので、交換するのはイメージつきやすいですよね。

20141108012532e5e_20141111134657db8.jpg
(枕木のあちこちが割れている箇所。今回の工事前の写真です)

でも、「枕木と枕木の間の石をなんで取り換えるの?」と疑問を持たれる方はいっぱいいると思います。

枕木周りの砕石は、「電車の走る振動や騒音を抑えるクッション」の役割をしています。
しかし、年月が経つと砕石の角が取れて丸くなり、クッションの効果が薄くなります。
さらに雨水で流れた泥などがそこ溜まり放置していると、レールの歪みや陥没が発生する恐れがあります。

上の写真では右側の砕石が左と比べて小さくなっているのが分かるでしょうか?

通常の補修作業ですと、新しい砕石を補充するのが一般的です。
しかし全体的に老朽化が目立つようになると、「古い石を全部取り除き、新しい砕石を敷設」します。

前置きが長くなりましたが、その道床交換工事が「極楽寺駅」構内で行われました。
IMG_4939 (2)

一般の鉄道会社だと、電車の動かない夜間に行われます。
しかし江ノ電の場合、線路のすぐ横に住宅が建ち並んでいる為、昼間に行われる場合があります。
IMG_5028 (2)
枕木と枕木の間の古い砂利を取ったあと。
スコップに紐をくくり付け二人がかりで掻き出します。
(結構、というか・・・かなり重労働。やってたことあるけど

IMG_5588 (2)
掻き出した砂利は「パイスケ※」に小分けに入れて運び出します。

※パイスケ(写真の水色のカゴ)
(パイスケとは、日本で昔使われていた藁カゴを外国の方が「バスケット」と呼んだのが始まり・・・との説が有力)

1カゴはだいたい20kgの重さ。迂闊には持ち上げれません・・・
一つの枕木と枕木の間にこれだけの石が詰まっています。
100mの間を交換するとしたら。。。。何百個の単位になります。

IMG_5582 (2)
レールと枕木を止めている金具の犬釘を外します。
IMG_5585 (2)
枕木の下を更に掘り起こし、ようやく枕木が外れます。
IMG_5022 (2)
外された古い枕木。もうボロボロですね。
「腐ってやがる。。。。遅すぎたんだ」(違)
IMG_5025 (2)
枕木を外している間は「ウマ」を履かせて、レールを持ち上げておきます。
電車が頻繁に往来している時間帯に交換するため、脱線などを防ぐためです。

また、枕木を交換したところには新しい砕石(バラスト)を敷き詰めます。
現在では軌陸車(レールの上でも走れる自動車)でバラスト散布するのが一般的です。

今回の工事では上記の「パイスケ」に新しいバラストを入れ、人力で散布していました。
IMG_5013 (2)
これも列車が来る間合いの時間で行われます。
パイスケで砂利をまいた後、慣らして形を整えます。
IMG_5581 (2)
これを延々と繰り返して、道床を交換します。

上の写真で黒いケーブルみたいのが見えますが、これは防護管。
この中に信号ケーブルが入っていて、道床工事でケーブルが損傷するのを防ぐ役割をしています。
道床交換の場合、先に信号ケーブルをトラフから防護管にて移設。
道床交換が終わると、新しいトラフを敷設してケーブルを納める作業が待っています。

今回の極楽寺駅では単線なので、5,6分おきに電車がやってきます。
その度に作業を中断して線路の外に出なくてはなりません。
ですから、少しずつ、少しずつ、労力のかかる作業を繰り返します。
気の遠くなるような作業です。

IMG_6898 (2)
新しくなった極楽寺駅の道床。
向こうから手前まで、全部手作業。

この仕事は目立たない地味な仕事です。
また体力を使い汚れてしまう、いわゆる「3K」です。
しかし、「縁の下の力持ち」の方がいるからこそ、楽しい旅が出来るのです。
(それは鉄道に限らず何処の世界も同じことが言えますね)

「縁の下の力持ち」の方々に敬意を表し、今回の記事を終わります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 2

Fri
2014.11.21
19:52

くまジロー #-

URL

なつくささんのご講義今回も大変勉強になります。私もバラストを交換する理由は知りませんでした。江ノ電では列車が運行している昼間の作業ということで作業される方々のご苦労が伺われます。

Edit | Reply | 
Mon
2014.11.24
21:56

なつくさ #-

URL

Re:

> くまジロ―さん
私も専門家ではないので、もしかしたら間違っているかもしれません(汗)
しかし江ノ電での作業は大変だなぁと見ていて思いました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。