江ノ電1000形のカラーバリエーション(2015年6月)

 23, 2015 23:41
前回(こちら)、江ノ電1001Fが「新標準塗装」になってしまったことをお伝えしました。

しかし改めて考えると、江ノ電1000形(1500形も含む)が、「現時点」で様々な個性を光らせていることに気が付きました。
今回は、2015年6月現在の江ノ電1000形のカラーバリエーションを取り上げてみます。

まずは「江ノ電 新塗装」。
IMG_8012 (2)
緑とクリーム色の江ノ電ではごく一般的な塗装。
近年は「金のライン」が入っていることから「新塗装」と呼ばれています。
現在では1001Fと、1502F(上の写真)の2本。


次に「嵐電号」。
IMG_8903 (2)
姉妹提携をしている、京都の「嵐電」の塗装(京紫色)を纏ったスタイル。
2014年に姉妹締結5周年を記念して、この1002Fが選ばれました。
一部の方々からは「芋電」などと呼ばれ親しまれています。
しかし検査期限が近づいているので、今後も見ることが出来るのかは不明。。。
(注)6月19日前後より先頭車下部に白帯が追加されました


おなじみ「SKIPえのんくん号」。
IMG_4409 (2)
2012年の「江ノ電鉄道開業110周年・バス開業85周年」を記念して1101Fが塗装変更されました。
(「江ノ電SKIP号」としては4代目)
車体のみならず座席のシートまで、江ノ電の公式キャラクター「えのんくん」が描かれています。
この日は「明治製菓」の広告車両である2003Fとコンビを組んで運用。
同じ水色系の車体で爽やかな印象を受けます。


さらに次は「日台友好記念電車」。
IMG_2123 (2)
江ノ電は台湾にある「平渓線」と2013年から観光協定を締結。
翌2014年からは、台湾観光協会、チャイナエアライン、神奈川県観光協会もこれに加わりました。
この交流を記念して、2014年7月から1201FがPR電車として運転開始しました。

江ノ電の「のりおりくん」を、台湾の台北駅か瑞方駅に持って行くと、「平渓線」の一日乗車券が貰えるとのこと。
交流期間は何回も延長され、現在のところ2016年3月までです。
この1201Fのラッピング塗装も来年春まで???


そして、突如?登場した「ALBION Beach House」広告電車の1501F。
IMG_1284 (2)
(明治製菓以外で)久々登場した車体全体ラッピングされた広告電車。
運転期間は2015年6月から8月までの約3か月間の予定。

そんな訳で、今現在、江ノ電1000形(1500形含む)全6本のうち、4本が特別塗装になっています。
(私としては色んなバリエーションがあった方が好きです。)
しかし1002Fが間もなく検査入場、1501Fが夏の短い期間だけということもあり
「このカラーバリエーションは『今だけ』」です。
(たぶん・・・のはず)

IMG_0555 (2)
極楽寺車庫で肩を並べた1002Fと1501F。
一見、よくありがちな光景ですが、「レア」ものになりそうな感じです。

江ノ電に乗る時は車窓も楽しめますが、乗る電車も色々違いますので楽しいですよ♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
関連記事
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?