江ノ島電鉄 「108号車」

 02, 2016 21:00
IMG_7196 (2)

明日、明後日と「タンコロまつり」が行われます。
(今年は諸事情により規模を縮小して開催です)

上の写真は昨年(2015年)の模様。
タンコロ引退35周年を機に、引退時に取り付けられた「さよならマーク」(レプリカ)が飾られました。

そんな訳で?、今回はタンコロこと「108号車」を書いてみます。
(過去に何度も書いていますが(汗))

興味のある方は「続きを読む」を押してください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
昨年の「2015タンコロまつり」の中で、事前応募抽選制だった「タンコロ撮影会」。
運良く当選し参加することが出来た。
しかし時間の都合から、撮影会は2日目の開催前の「わずか10分間」に行われた。

IMG_7160 (2)

江ノ島電鉄100形「108号車」。
1931年(昭和6年)、 新潟鐵工所(現:(株)新潟トランシス)製造で、御年85歳。

導入された経緯は、当時運営していた東京電燈(現:東京電力)から新会社(現在の江ノ電)が鉄道事業を買い取り、新会社発足の目玉(輸送力増強)であった。
新車で導入した100形は10両いたが、3種類(101~104、105、106~110)と分類できた。

(その後、他社からの中古車が導入され、同じ100形を名乗るが、ここでは割愛)

新車で導入された10両のうち、6両は300形に改造、2両は部品提供のため廃車。
最後まで残った107、108号車は1980年(昭和55年)に引退した。

107号車は1982年(昭和57年)に鎌倉市に寄贈され、由比ヶ浜にある「鎌倉海浜公園」で保存されている。

IMG_7249 (2)

逆に108号車は廃車となってからも江ノ島駅の留置線に止まっていた。
去就が注目されたが、1987年(昭和62年)、江ノ電開通85周年を機に修繕された。
今は専用の車庫に入れられており、大切に保管されている。
時折、テレビなどに登場しており、ご存じの方も多いだろう。

人生と同様に、車両の生涯も分からないものである。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?