前方確認

 28, 2016 22:30
IMG_9411 (2)

ドアが閉まり、列車が走りだす。
ピンとした空気が周りを支配する。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

IMG_3571 (2)
今回のカットは江ノ電の「10形」(上の写真の車両)。
レトロ調なデザインを前面に押し出した車両で、1形式1編成の珍しい存在です。
(「江ノ電=緑と黄」の概念を打ち破った唯一無二の存在(大袈裟w))

しかし、この車両は弱点がありまして・・・
IMG_0198 (2)
お分かりいただけるであろうか・・・・
IMG_0199 (2)
この車両、先頭部だけ窄まっているため、「乗務員ドア」が、ホームに対して斜めになっています。
このため駅に止まると隙間が空いて、最悪の場合、落ちてしまう危険性ががががw
(特に雨の日なんか怖いですね、労災案件になりそうです(ぉぃ))

IMG_9411 (2)
さっきのカットですが・・・
この車両の場合、列車発車時のホーム監視も、
「身を乗り出さないと確認できない」という有様でございます・・・

IMG_9390 (2)
そんな訳で、次の「20形」は「10形の欠点」を改善すべく、前面形状と乗務員ドア位置が変更になっています。
また「10形」の車内はレトロ調でしたが、座席の位置が「乗客の乗降に時間がかかる」為、他の車両と同様にされました。


今回は「デザイン先行で物事を決めてしまうと、後々大変になる」というお話でした(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
どこかの「新競技場」でも似たような話を聞いたような・・・(´・ω・)

デザインするのは良いんですけどね・・・
どこかみたいに奇抜なアイデア(木製家具&食堂車のワンパターン)にしちゃたりとか・・・

目先のことだけしか考えないで、「実際のことまで計算していなかった」なんて、よくある話ですが・・・・

後々のメンテナンスの事まで考えてる人って少ないのでしょうか・・・・。




関連記事
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?