御霊神社が・・・・!!

 19, 2012 13:30
(※今回は長いです(笑) 画像はクリックすると大きくなります)

先週の日曜日(1/15)、長谷にある「御霊(ごりょう)神社」に行って来ました。
(別名「権五郎(ごんごろう)神社」)
この神社の鳥居のすぐ前に、江ノ電の踏切があるので、ご存知の方も多いはずです。

御霊神社にはちょくちょくお参りに行っているのですが、昨年暮れから仕事が多忙。。。。
そんな状態だったので今回のお参りは今年が初めてでした。

江ノ電の長谷駅で降りて、いつもの路地をテクテクと歩いて、参道へ。

そしていつもの踏切を渡った時、

「あれ?なんか違う気がする・・・・?」

と立ち止りました。

え?

1.jpg


鳥居が新しくなってる――――!!!!Σ( ̄□ ̄;)

全く知らなかったので腰を抜かしそうになりました(本当;;;)


ちなみに前の鳥居はこんな感じ。

6.jpg
踏切の後ろに前の古い鳥居が見えます。

・・・だいぶ印象が変わってしまいました(汗)

参拝した後に、社務所にいらした宮司さんにお話をお伺いすると、

「ええ、昨年の12月に新しくなりました。昨今の地震の影響をふまえて安全という面からです。」とのことでした。

あれれれ・・・そうでしたか。


2_20120118233126.jpg
新しい鳥居には「平成二十三年十二月吉日建立」の文字。

「あの・・前の鳥居はどうなったんですか?」と私が尋ねると
「前の鳥居はあちらにありますので、ご覧になって下さい」と宮司さん。

ええっ、と思い、そちらに行くと・・・

3.jpg

こんなになっちゃった・・・(´・ω・`)ショボーン


5.jpg 4.jpg

案内文には以下のことが記されていました。

―――――――――――――――――――――――――――――
『嘉永の御霊神社大鳥居』

嘉永三年(西暦1850年)
坂ノ下氏子の総力で建立された
関東大震災で二本の石柱にひびが入るも
倒壊を免れ百六十年の間
御霊神社のシンボルとして
氏子崇拝者を見守り続けてきた
平成二十三年十二月 安全を鑑み
新しい鳥居に立て替えられた
―柱には「鎌倉権五郎神社」と刻されている―

―――――――――――――――――――――――――――――――


御霊神社の参道を江ノ電が横切るようになったのは今からちょうど100年前ほど。

前代の鳥居は、幕末、明治維新、関東大震災、太平洋戦争、そして昨年の東日本大震災など、

数々の大きな出来事をずっと潜り抜けてきたことを考えると、とても感慨深いです。


鳥居は新しくなりましたが、これからも御霊神社は、鎌倉の街や人々を見守り続けていくことでしょう。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

Tue
2012.01.24
23:03

しーちゃん #-

URL

こんばんは。

おっしゃる通り、これはまたずいぶん印象が変わってしまいましたね。
以前の鳥居も「ある」と言うには、かなり寂しい姿にv-356
安全を鑑みということですから、致し方ないのでしょうね……。
新たな鳥居が、これまでの鳥居と同じように味わい深くなるまで
穏やかな年月が流れるといいですねe-465

Edit | Reply | 
Sat
2012.01.28
00:14

なつくさ #-

URL

>しーちゃんさま

いやー今回は本当にビックリしました。
震災対策とはいえ、昔の鳥居があんな形に…
平穏な日々を祈念するばかりです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?