スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

305F、検査のため入場(詳細版)その1

 02, 2013 00:10

1001Fによって極楽寺検車区の検修庫に押し込まれる305F。(2013.6.30)

前回、江ノ電の最古参である305Fの入場についてお知らせしましたが、一部始終を見て来ましたので、まとめます。
(長いので「続きを読む」を押してくださいね♪)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
実はこの日(6/30)、私は別の場所に遊びに行こうと思ってました。
しかし、色々ありまして「やっぱり江ノ電に行きたい!」と思い、行先変更(汗)
いつもより朝早くに出かけ、江ノ電巡りをしていました。

しかし、何か様子が変・・・。
「あれ、車両交換しないの、今日?」
いつもならば、ある特定の列車が、極楽寺で別の電車に交換されるのですが、この日はなかったのです。

不審に思い、極楽寺検車区まで足を運びました。

(下の画像はクリックすると、大きくなります)

1_20130701233904.jpg
極楽寺検車区のピット線から出てくる1001F。
このときは「あ、これからお掃除タイムかな?」と思ってましたが・・・

2_20130701233906.jpg
あれ?後ろに305Fがくっついてる・・・

3_20130701233907.jpg
何でドアが全開・・・?

4_20130701233908.jpg
パンタグラフが下されてるし、前の窓も全開・・・もしや?

5_20130701233926.jpg
あ!連接台車の上の板が外されてる!(ドアのところにある白い板がそれ)

6_20130701233928.jpg
幌もケーブルも外されてるー!検査入場だぁぁぁぁぁ!

7_20130701233929.jpg
驚いてる私を余所目に、305Fはゆっくりと押し込まれて行きます。

8_20130701233931.jpg
検修庫の一番北側の線に押し込まれていきます。

10_20130701233948.jpg
この時点で一旦停止。

11_20130701233949.jpg
1001Fが車庫側のパンタグラフを下げて、305Fを完全に庫の中に押し込みました。

これで終わりかと思いきや、まだまだ続きました。
残りは次回にアップします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。