スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

305F、検査のため入場(詳細版)その2

 05, 2013 00:18

検査のため、パンタグラフが外される305F。彼にとっては束の間の休息かもしれない。
(2013.6.30 江ノ島電鉄 極楽寺検車区にて (敷地外より望遠撮影&トリミング加工))

江ノ電最古参の車両である305Fの検査入場レポの続きです。

今回も長いので「続きを読む」を押してご覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ

【ここに掲載している画像は、すべて検車区の敷地外より望遠で撮影し、トリミング加工してあります】


検車区の庫に押し込まれた305Fは、両方のパンタグラフが手際よく外されました。

その後・・・

13_20130704232735.jpg
次の作業を行うため、再度入換が始まりました。
牽引車は引き続き1001Fが担当です。

14_20130704232737.jpg
ゆっくりと押し込まれていきます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
15_20130704232738.jpg
パンタグラフが外された305F。
検車区のジャッキアップのある線に押し込まれました。
次の作業はいよいよ車体から台車を外す作業です。

16_20130704232739.jpg
305Fはジャッキアップにより、車体が持ち上げられ、台車が外されました。
外された台車は、1001Fが特殊な連結棒を用いて引き出します。

17_20130704232809.jpg
外された305Fの台車。台車外枠の汚れと、車輪の輝きが対照的です。

18_20130704232811.jpg
305Fの台車を別の線に押し込む1001F。
これで一連の入換作業は終了です。

19_20130704232811.jpg
これから本格的な検査を受ける305F。
なんとなく、安堵した表情をしている感じを受けました。

305Fは、8月上旬まで検査を受ける予定のようです。
しばらくは会えませんが、どんな姿で復帰するのか楽しみです。
(というか、無事に復帰しますように・・・。)
(1101Fや10Fみたいな、あんな事やこんな事がありませんように)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。