スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21F、全般検査を受け、元の塗装に戻される。

 23, 2014 01:27
IMG_4014 (2)

今年の1月初旬から江ノ電の極楽寺検車区で全般検査を受けていた20形の21F。
2月中旬ぐらいより運用に復帰しました。
しかし長年纏っていた「レトロ調カラー」は消滅し、元の登場色に戻されてしまいましたorz

この日(H26.2.22)は、江ノ電イベントの「北陸うまいもの号」に使用された為、昼間はお休みでした。
パット見の外観では、色が戻された以外に細々とした装置の交換が目につくぐらいです。

私的にはとても愛着のある車両で、様々な形でこの車両を撮ってきただけに残念無念であります。
また一つ特徴的な車両が消えてしまった。。。
なんだか「没個性的」な感じがして、どの車両も色が同じになっていくのは私は好きではありません。

「続きを読む」で「レトロ調カラー」だった時のことを振り返ってみます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ

レトロ調カラーを纏ったのは平成22年(2010年)12月のこと。
「江ノ電全線開業100周年」を記念して塗装変更されました。
IMG_9088 (2)

特製の記念ヘッドマーク。「100th Anniversary」の他、様々なシンボルマークもありました(意味は忘れました(汗))
IMG_9705 (2)

当初は全通100終焉期間が終わると元に戻されるのでは?という憶測もありましたが、結果としてそのまま丸3年近く過ごすこととなりました。

特に私はこのレトロカラーがお気に入りでした。
この電車が走っていると別の撮り方をしていたので、「鉄道写真」としての記録が少ないことが今更ながら気づきました。

IMG_0679 (2)
「砂子坂」付近を行く21F+2003F。
この時は「江ノ電開業110周年&バス開業85年」のステッカーが側面についていました。

IMG_0155 (2)
紫陽花の咲く御料神社付近を行く21F。
この数年で紫陽花の背丈もだいぶ伸びました。この色との組み合わせも過去のものに。

IMG_1137 (2)
最後に江ノ島・龍口寺前を行く21F+2002F。
ここは急なカーブを右左とくねくねとゆっくり進みます。
ちなみに左のお店の並びにあった「タバコ屋さん」が最近無くなり更地に・・・orz


21Fは今日(平成26年2月22日)運転された「北陸うまいもの号」として運転されました。
(その時の様子はまた後日にでも)
また21Fの検査復帰に伴い、今度は新501Fが全般検査で入場しています。
しばらく車両が足りない時期が続くようです。

簡単でしたが21Fの活躍の軌跡をまとめてみました。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。