ボツ画像で振り返る「江ノ電レアな組み合わせ」その4

 29, 2014 00:30
蔵出しボツ画像による「江ノ電のレアな組み合わせ」。

4回目の今回は、
●「『新500形』同士での組み合わせ」です。

江ノ電の車両の中で一番新しい形式、それが「新500形」。
『旧500形』の丸っこいデザインを取り入れつつ、江ノ電初の「VVVFインバータ制御駆動」を取り入れた車両です。
今までの電車とは違い「省電力」「省エネルギー」を目指ました。

・・・が。
他の車両との運転特性が違うのと、江ノ電の電車線路設備の特性などにより、
「いろいろと面倒くさい諸事情」があり、
同形式どうしにも関わらずレアな組み合わせとなっています。
(というか、新500形自体がゴニョゴニョ・・・)

そんな中、私は偶然にも今まで2回見ることが出来ました。
(どちらも検査など車両不足が原因・・・。)

まずは平成24年9月30日。
20120930-1_20140528000439968.jpg
501Fが「tvk40周年記念号」として運転されていた頃です。
tvkのキャラクター「カナガワニ」が描かれています。
(キャラクターとして定着したかどうかは微妙・・・。カナロコ星人よりはマシ。)
20120930-2.jpg
上の電車の折り返しで、502Fが先頭の列車。
両方とも車体横に広告があるのがポイント。
上の列車のパンタグラフが両端だったのに対し、こちらは全て上昇しています。

----------------------------------------------
その次が平成25年6月30日。
この時は501Fが藤沢方、502Fが鎌倉方と、上の時とは組み合わせが逆になっています。
IMG_0470 (2)
501Fが先頭の藤沢行き列車。
後ろの502Fと比べて、501Fの色あせ度が際立っています・・・。
いま現在、501Fは再塗装されたのでピカピカです。

次は502Fが先頭の鎌倉行き電車。
20130630.jpg
新500形はライトが「つり目」という感じの車両ですが、
・・・この角度だと余計に「つり目」が目立ちますw

そんな訳で、江ノ電「新500形」のレアなシーンをお送りしました。

この「500形」は前代の「車両のポリシー(ヨーロピアンスタイルで随所に画期的な構造)を受け継ぐ」という意味で命名されたのですが・・・

その「旧500形」ですが、画期過ぎて「製造費用が莫大」「他の車両と長さが異なり、且つ重すぎる」「メンテが大変」などの理由で、たった2本で製造が打ち切られました。
途中、様々な改造が施されながらも走り続けたのですが、車体重量のバランスで「冷房化できない」のが仇となり、江ノ電300形よりも早く消滅していまいました。

江ノ電の「チャレンジ精神」を受け継いだ「新500形」ですが、前代同様にゴニョゴニョ・・・となってしまったのは、何か因縁めいたものがあったのでしょうか・・・・(^^;

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

Thu
2014.05.29
20:44

くまジロー #-

URL

私も過去の写真を探してみましたが、500形同士の組み合わせはありませんでした。新500形も画期的過ぎ?て、まだ100%実力を発揮できていないようですね。あと、新500形はライトが「つり目」で怒っているように見えてしまい、個人的にどうも好きになれません・・・。

Edit | Reply | 
Sat
2014.05.31
21:53

なつくさ #-

URL

Re:

> くまジローさん
私が偶然撮れていただけで、やはり珍しいですよね。
(それもボツを整理していた時に気付いた(汗))

あの「つり目」はどうにかならなかったんですかねぇ(^^;;
いつもツンとしている感じがしますw

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?