鎌倉市の海水浴場の名称、「変更しない」に決定。

 17, 2014 00:53
IMG_0665 (2)
青く輝く由比ヶ浜。向こうの建物は逗子マリーナ。

各報道でも出ておりますが、

鎌倉市の海水浴場(材木座、由比ヶ浜、腰越)の命名権(ネーミングライツ)を取得していた「豊島屋」さんが、「名前は変えない」ことを発表しました。
「豊島屋」さんは鎌倉銘菓の『鳩サブレ』でおなじみの会社です。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20140516/CK2014051602000119.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014051602000116.html

去年取得したそうですが、「宣伝ではなく地元に恩返しがしたい」という社長さんのご意向と、「そのままがよい」という意見が多かったため、とのこと。

材木座は「材木座海水浴場」、由比ヶ浜は「由比ヶ浜海水浴場」、腰越は「腰越海水浴場」となります。
またシンボルマークは「鳩のキャラクター」が描かれたものとなりました。

ちなみに契約内容は年間1200万円で平成34年までの期間だそうです。

いやぁ、「その心意気、お見事!」と感心した次第です。


逆に鎌倉市・・・何やってんの?
確かに海水浴場の維持管理(ゴミ拾いや水質管理etc)にお金がかかって大変なのは理解できます。
また市の財政が圧迫しているのも知っています。
特に鎌倉市の「財政力指数」はここ2、3年でガクッと下落傾向にあります。
(それでも他の市町村より潤っていますが)

しかし「海水浴場」の命名権を売りに出すって・・・それって変じゃないですか?
「豊島屋」さんが買い取って、そのままにしたおかげで結果的に良かったですけど。
ホールとかの建物なら分かりますが、旧来からの地名(史跡)に名前を売るのはどうなのか?と。

もし別の名前になっていたらどうでしょう?
日本の観光客はおろか、海外の観光客まで「???」になると思うのですが、、、、
また維持管理の費用の捻出でも使用料や寄付を募るなど、色々方法はあるはず。
。。。。私の考えはおかしいでしょうか?

今回の件に関しては、豊島屋さんに感謝しないといけませんね。
昔からの鎌倉を守って行こうという方々の意志の表れだと思います。

でも鎌倉市さんさぁ・・・。
去年まで「武士の古都・鎌倉」という文化遺産を「世界遺産」に申請してたんじゃないの???
言ってることと、やってることが違わないですか???

・・・だからユネスコから「不登録」勧告を受けちゃうんだよ・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
関連記事
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?